有楽町皮膚科 PDT日記 有楽町皮膚科 無料相談  

プロリンとは

プロリンは、健康維持のためだけではなく美容向上を目的に摂取することが注目されているアミノ酸の一種です。特に美白効果などの肌質を改善する作用のある栄養は美容皮膚科、美容専門家の方々に高い人気を得ています。プロリンはシミ、シワ、美白などの美肌作りや関節痛予防に欠かせないタンパク質であるコラーゲンを作ります。

プロリンを多く含む食品はなにか

プロリンは麩や大豆、動物性のゼラチン質、牛乳に多く含まれています。 ゼラチン質は加熱によって変形したコラーゲンであり、体内に吸収されるとプロリンやグリシン・アラニンなどのアミノ酸に分解された上でコラーゲンの再合成などに利用されます。しかし、コラーゲンだけの摂取では再合成に十分なアミノ酸を摂取しきれないのでコラーゲンをいくら摂っても体内にはまったく吸収されません。

肌はプロリンで決まる

肌に存在するプロリンが多いほど、肌に弾力やハリを保つことができると言われています。また、強い美肌効果を持つプロリン、リジン、ビタミンCと一緒に摂ることで、さらにコラーゲンの再生や肌荒れの予防、肌の潤いを保持するなどの効果が高まります。このようにプロリンは美肌効果があるとしてアメリカでは美容関係のサプリメントに使用されています。
                                                                                                     

プロリンの研究

真皮繊維芽細胞に、プロリンを含むコラーゲンペプチドを200mg投与したところ、ヒアルロン酸が3.8倍、皮膚繊維芽細胞1.5倍に増加しました。プロリンを含むコラーゲンペプチドは皮膚細胞を活性するほか、肌の弾力に欠かせないヒアルロン酸を増加させることにより、美肌効果を持つと考えられています。

脂肪細胞(3T3−L1細胞)にプロリンを含むコラーゲンペプチドを投与すると、脂肪細胞内の脂肪滴の割合が低下していたことから、プロリンを含むコラーゲンペプチドは脂肪減少効果を持つと考えられています。

京都の女性の美肌の理由

京都の女性はなぜ色白で肌がきれいなのか?そんな疑問から真野博先生(城西大学教授)等、多くの研究者たちによる肌の研究がはじまりました。美肌の原因を追究していくうちにその美肌の理由は「麩」にあることがわかりました。京都は全国でも有数の「麩」消費量が多く、その麩の美肌成分は何かを分析しました。

麩の美肌成分を発見

「麩」の美肌成分は何か?美肌成分は麩に含まれる成分プロリンだったのです。しかも食品中のプロリン含有量は他の食品と比べケタ違いの含有量だったのです。

麩に含まれる「プロリンパワー」

室町時代に中国から日本に伝わり、古くから食されてきた「麩」。」江戸時代に出版された医学書「食物和解大成」に、下痢、肉体衰弱、かんのむし、消化不良、黄疸に効果があると書かれています。その麩がいま女性の肌の強い味方になっているといいます。

それがもっちり肌効果。なぜ麩にもっちり肌効果があるのか城西大学薬学部、真野博教授によると、それは麩に多く含まれるプロリンによるといいます。プロリンは体内に取り込まれると肌の弾力の素コラーゲンの成分の一つとして使われます。コラーゲンたっぷりのもっちり肌にはプロリンが大切な役割を担っているといいます。

コラーゲンを作るときにプロリンとコラーゲンの関係の研究は最近になってから研究されてきたそうです。コラーゲンは食べてもコラーゲンの材料にはなりませんが、コラーゲンを作るスイッチを入れてくれるのがプロリンの役割だといいまる。そのため美肌になるには、コラーゲンとプロリン、リジン、ビタミンCを同時に摂るのがいいといいます。

コラーゲンをいくら摂っても効かない理由

プロリンがなければ、いくらコラーゲンを摂っても無駄なのです。
皮膚や軟骨を形成する際に必要となるコラーゲンは、歳を取るごとに体内から失われやすくなっていきます。そのため「コラーゲン配合」をうたった健康食品がが人気を集めていますが、食品やサプリメントで摂取したコラーゲンはアミノ酸に分解されるためコラーゲンとしてそのまま利用されるわけではありません。プロリンは体内でのコラーゲンの合成を促進する作用があります。
  • プロリンのコラーゲン合成機能
    プロリンは、体内に吸収されたタンパク質やアミノ酸からコラーゲンを合成する機能を促進させる働きを持っています。 また、心臓を構成している心筋を合成する際の材料としても使われています。
  • プロリンは紫外線や年齢による壊れたコラーゲンを再生される
    プロリンを摂取することで紫外線を受けて壊れた皮膚のコラーゲンを再生するため、シワやシミ・そばかすを防ぐ役割を果たします。 肌周辺にプロリンが多ければ多いほど肌は弾力のあるハリと、つるつるした艶やかさが際立ちます。また、プロリンは脂肪燃焼を促進する効果があります。
  • プロリンの脂肪燃焼効果
    プロリンは、脂肪分解酵素であるリパーゼの分泌を促進し、脂肪を脂肪酸に分解してエネルギー源として消費しやすくする働きがあります。
  • プロリンの関節痛を改善する効果
    関節痛の原因の一つに、骨と骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨が磨り減ってしまうことが挙げられます。軟骨の約50%はコラーゲンで構成されており、軟骨に含まれるコラーゲンの代謝が悪くなると、軟骨の弾力性が失われて堅くなり、軟骨は少しの衝撃でつぶれたり、すり減ったりします。 軟骨がすり減ると骨同士が直接こすれ合うためそれが痛みとなって現れます。 プロリンにはコラーゲンの合成を高める働きがあるため、軟骨そのものの新陳代謝を活発にし、関節痛をやわらげる効果があると言われています。
  • プロリンに副作用はありません
    プロリンは過剰摂取による副作用が確認されていないため、多少摂りすぎても問題はありません。
  • プロリンが不足すると
    プロリンが不足すると、コラーゲンの合成量が減少してしまいます。 コラーゲンが不足すると皮膚にできた傷の治りが遅くなったり、膝や腰に痛みを感じやすくなったりといった影響があらわれます。 また、肌の張りが弱くなってシワができやすくなり、紫外線を原因とするシミ、ソバカスが消えにくくなるなど、肌の老化を促進させてしまう原因にもなります。 また、心筋の合成にも関わるプロリンの摂取不足は心筋梗塞の原因になる可能性もあります。

HGHについてよくある質問

Q. 1日何回飲めば効果がでますか?
飲み始めは1日に2回に分けて昼食30分前と就寝前(空腹時)に飲用頂いたほうがよい結果(体感)が得られます。(特にお歳を召している方は体感が出るのに若い方より時間がかかります。)はやい方で3日前後でお肌のハリ・シワの改善がわかります。

Q. 効果を実感するにはどのくらいの期間が必要でしょうか。
お客様の体質・年齢により違ってきます。
●1日で感じていただけるのは昼食30分前と就寝前の空腹時にお飲みいただくと、翌朝の目覚めと肌の調子が大変よい。
●女性の方は2〜3日で実感、2〜3週間で肌に張りが出てきたり化粧ののりがよくなったり、ウエストなどが引き締まってきたりと体験されている方が多い。
●1〜3ヶ月でシミ・シワなどが薄くなってきた。(体調がよくなり肩こりや、不眠が少なくなった)
●肝臓疾患があったが数値が改善安定してきた。
●3ヶ月位で以前より筋肉が付いた。
●大病をして飲み始め、3ヶ月目になるが体調が大変よい。
●飲み始めてから風邪をひかなくなった。
●飲み始めて他の人から、若くなったねとよくいわれる。

Q. HGH分泌量を増やすアミノ酸の効果は何ですか?
20種類あるアミノ酸の中から、特別に7種類をオリジナル配合したアミノ酸サプリメント「HGH」は、若返りのマスターホルモンである成長ホルモンの自己発生を増加させます。
それは、老化を防いだり予防するものではなく、若さそのものを取り戻すことをターゲットとしています。
今までシミ・シワやお肌のたるみや老化、身体の引き締め、肥満に悩んでいた方も「HGH」で問題が解消します。「HGH」で成長ホルモンが増加すれば、皮膚美容、肥満解消、免疫力の増加、筋力アップ、性欲や記憶力・集中力、などが高まり、また、血液に関わるメラトニン分泌が増えるので、熟睡もでき、若さも健康も取り戻せるというわけです。

Q. 飲用を中止すると効果がすぐになくなるのでしょうか。
使用の目的と患者様の体質によって違ってきます。例えば、3ヶ月以上飲用され肌が白くなって、シミ・シワなどが消えた状態がすぐに元に戻るということはありません。

Q. 今までに副作用はありますか?
副作用はございません。健康食品なので副作用ではありませんが、食事や他の食品同様で、下痢・便秘程度だと思います。(これも人それぞれで、体調や体質による個人差です。)

Q.子供は何歳から飲用できますか?
離乳食が食べられるようになれば飲ませてあげても、栄養補給の意味でも大変良いです。

Q. 進行性の疾患(ガン・変形リウマチなど)を持つ患者様が飲用しても大丈夫ですか?
一般的にはガンは免疫機能が下がると10〜20年かけて正常な細胞が傷つき増殖しガンになるといわれております。従いまして、免疫を改善することも事実です。
飲用により免疫の向上と細胞構造の(DNA)修復にもアミノ酸は有用です。成長ホルモンは骨形成に重要なホルモンで、成長には欠かせないことはご周知のことと思います。変形性リウマチ・慢性関節リウマチへの使用については問題ございません。理由としては未だ発症原因は不明な自己免疫疾患として認識されております。アミノ酸は免疫機能の改善と成長ホルモンの分泌を考えると治療に役立つと考えられます。
成長ホルモンが減少すると筋肉量の減少、内臓脂肪の増加や骨量が減少いたします。成長ホルモンはマスターホルモンともいわれほかのホルモンバランスを整えている。特にリウマチが女性に多いのは女性ホルモン(黄体ホルモン・エストロゲン)の関係が大きく影響しています。治療の一助になればと存じます。

Q. アミノ酸を大量摂取しても大丈夫でしょうか?
基本的には人の体は必要なものは取り込み使用し、不要なものは排泄されます。必要以上のアミノ酸は分解され尿素となって排泄されます。 つまり食べだめ(貯蔵)ができません。日々、新しいアミノ酸の補給が必要なのです。アミノ酸は一般的には余分なものは分解され尿中に排泄されます。他の健康食品を飲まれていても問題ありません。

Q. アルツハイマー、パーキンソン病には飲用してもよいですか?
アルツハイマーは脳の萎縮ですが、原因はわかっておりませんが血流やホルモンが関係しているのではないか、といわれており女性に多いです。老化とホルモンの関係と血流であればアミノ酸は有用であると思います。
パーキンソン病には特に食事制限はありません。但し1日の内で薬の効果の変動が強く、いろいろと薬の種類、量、服用時間などを変えて治療してもコントロールがうまくいかない患者さんのみが低蛋白食(たんぱく質の制限=アミノ酸の制限)の適応となります。
日中のアミノ酸摂取を制限され、夜にその分を補うようにされております。
従いまして就寝前に1袋程度飲まれるのは良いと思われます。
お薬との競合関係で、昼は脳にお薬が吸収されやすくなるようになっております。

Q. ホルモン治療中の女性です。男性ホルモン分泌過剰の治療中です。飲用してもよいですか?
成長ホルモンはマスターホルモンともいわれ他のホルモンバランスを整えていることがいわれております。
ご質問の病気は女性に多く、原因は不明ですがH・G・Hはホルモンバランスを整えるので良い成果はあります。

Q. 妊娠中や授乳中の方は飲用してもよいですか?
栄養補給の意味では良いのですが、大量摂取は避けてください。出きれば妊娠中、授乳中は1日1袋として大量摂取は避けてください。

Q. アトピーやアレルギーにも良いのですか?
一般的に免疫が下がっている方はH・G・Hで免疫を向上させ風邪などをひき難くしますし逆に免疫機能が異常に亢進しているアレルギーやアトピーの方は沈静化し改善してくれます。
しかし多くは好転反応といいますが、一時的に悪化した様に見える状態になりますが、その後に通常は改善してくることが多いです。
ビックリされないで、好転反応が強い場合は一時的に飲用量を減らすか、数日間隔を空けて再度飲用いただき様子を見てください。

Q. 飲み始めてにきびが出始めたのですが、何か原因はありますか?
肌の新陳代謝がホルモンレベルの上昇によって活発になってきたと思われます。顔は体のなかでも新陳代謝が最も盛んなところで、好転反応ではないかと考えられます。

Q. 飲み始めて下痢をするのですが?
ご愛飲いただいている方の大半の方は便通がよくなり喜んでおられます。個人差によるのと、他の食事や健康食品の関係もございます。タンパク質は体内に入ってアミノ酸に変わりますが、当製品は胃での消化が必要なく小腸に入っていくので吸収も良く、早く実感できるのですが腸が弱い方や体質が弱い、その他過敏な方にはアミノ酸が一気に入っていくので、腸管壁から水分を引き出して便の水分量が多くなり下痢になります。
このような下痢を「浸透性下痢」といっています。結果として一部前述退室の方に「浸透性下痢」が起きてしまいます。
このような方に(腸が弱い、過敏な方、体質が弱い)H・G・Hの効果を変えることなく実感されて、さらに下痢をしない飲用方法があります。
それは1袋を半分すつにして1日2回昼食30分前と就寝前に飲用する方法です。これにより1回で入るアミノ酸量がすくなくなるため前述の症状が改善されます。

Q. 子宮内膜症で漢方薬を飲用していますが、一緒に飲用しても大丈夫ですか?
一緒に飲用されても問題ございません。
H・G・Hは血流を改善また自律神経のバランスとホルモン系のバランスを整える為です。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲストロンが有り、このバランスが崩れたり、ストレス(自律神経系のバランスの崩れ)や栄養不足・免疫の異常(アレルギー)などにより子宮内膜症(原因はまだはっきりしていないが)になると考えられています。
これらの理由から、飲用されても問題ございません、安心してご愛飲ください。


Q. 子宮筋腫のためピルを飲んでいるのですが、一緒に飲んでもよいでしょうか?
女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン=エストラジオール)とプロゲストロン(黄体ホルモン)の2つがあり、このうち筋腫の原因になるんもはエストロゲンです。ホルモンバランスを整えてくれるので、エストロゲンだけを増やしたり、他のお薬などの邪魔はしないので薬と併用されても問題は無いでしょう。


Q. 甲状腺ホルモン、治療中ですが飲んでも大丈夫ですか?
H・G・Hの飲用にかんしてはアミノ酸サプリなので飲用されても問題ありません。

Q. 膠原病ですが飲用しても大丈夫ですか?
免疫機能を正常化させる作用もありますので有用と考えられます。

Q. 卵巣と子宮を摘出していますが飲用してもよいですか?
卵巣と子宮摘出されておられるので、女性ホルモンが低下していると思います。この意味でも、ご愛飲いただいた方がいいと思います。更年期障害なども起こってきますし、イライラやホルモンのバランスの改善に有用だと思います。

Q. 飲み始めて1週間で、体重が3s減りました。何か関係がありますか?
ご愛飲いただいている方の大半が飲用されて1か月程度で体重が減った、体脂肪率が減ったと喜びのご報告をいただいております。
特に体脂肪率が高い方に、この傾向が見られます。
H・G・Hの主成分はアミノ酸7種類でアミノ酸は新陳代謝を促進し脂肪燃焼に働きます。この関係でウエストが細くなったとか、体重が減った、体脂肪率が減少したなどのお話を多数お聞きします。

Q. 熱いお湯はダメとのことですが、ぬるま湯でもダメなのでしょうか?
アミノ酸は70℃を超えると重合してしまいます。(重合とはアミノ酸同士が結合すること)
一つにはこの関係で、ぬるま湯(60℃以下)で溶かしていただくのは問題ありませんが、熱湯はこの重合が起こるためにやめてください。
もう一つはH・G・Hの成分にはビタミン類が含まれています。ビタミン類は熱に弱く特にビタミンCが熱湯では分解してしまいます。

Q. H・G・H分泌量を増やすアミノ酸の効果は何ですか?
20種類あるアミノ酸の中から、特別に7種類をオリジナル配合したアミノ酸サプリメント「H・G・H」は、若返りのマスターホルモンである成長ホルモンの自己発生を増加させます。それは、老化を防いだり予防するのではなく、若さそのものを取り戻すことをターゲットとしています。
今までシミ・シワやお肌のたるみや老化、身体の引き締め、肥満に悩んでいた方も「H・G・H」で成長ホルモンが増加すれば、皮膚美容、肥満解消、免疫力の増加、筋力のアップ、性欲や記憶力・集中力、なども高め、また、血液に関わるメラトニン分泌が増えるので熟睡もでき、若さも健康も取り戻せるというわけです。


Q. 糖尿病ですが大丈夫ですか?
血糖値を上げる成分は入っておりません。安心して飲用してください。むしろ成長ホルモンを多く分泌することで活性酸素を除去して糖尿病を改善してくれます。

Q. 更年期障害には効きますか?
成長ホルモンは「ホルモンの母」ともいわれ、すべてのホルモンをバランスよく整えます。女性の更年期障害だけでなく男性にも効果があります。

Q. 安全性は大丈夫ですか?
H・G・Hに配合されているアミノ酸7種は、天然由来の100%植物発酵抽出のアミノ酸を使用しています。そのため、長期間飲用しても安全な製品として完成されたH・G・H分泌促進のためです。
化合物や合成物や動物由来の成分を使用しているサプリメントとは、安全性が全く異なり、安心して摂取して頂けるものです。


Q. 老化現象を若返らせるということですが?
例えば外見的にはお顔のシワ、たるみ、ボディの体脂肪の増加、筋力の衰え、さらに内臓の衰え等です。
30〜35歳くらいからはじまり生涯続きます。その老化現象の現れてきた人がH・G・Hを飲用すると減少してきている成長ホルモン分泌力が急速に回復するのです。平均して3日前後で顔のシワがうすくなり、ハリがでてくるのです。成長ホルモンの分泌が急上昇しだした証拠です。そういう意味では成長ホルモンを分泌促進させるためのアミノ酸のバランス配合のサプリによる、成長ホルモン分泌促進が最も現実的で効果的なのです。
「寝る子は育つ」は「寝る人は若返る」となります。就寝中に成長ホルモン分泌量が増えるから。「冷えは万病の元」は「体が温まり健康の元」に変わるのです。



Q. 成長ホルモンはどの位増えるのですか?
それは成長ホルモン分泌促進させるアミノ酸のバランス配合で脳下垂体に働きかけて成長ホルモンを大量に分泌させるのです。
成長期のもっとも成長ホルモンの分泌力が多いとき(20歳前後)を100%とすると50歳前後で30%前後に落ち込んできているものを60%〜80%まで上昇させることができるのです。そして「老化現象によるあらゆる現象」が10年前後の若返りをもたらすのです。
中には、H・G・Hを飲用して30〜40歳代で身長が伸びてしまう人がいます。さらに閉経してしまった50歳前後の女性にも整理がはじまってしまうこともあります。

Q. 飲用してはダメな人、控える人はどんな方ですか?
●妊婦や授乳中の大量摂取
大量継続接種は避けてください。出きれば妊娠中、授乳中は1日1袋の飲用にしてください。

●肝硬変の方
アミノ酸類は肝臓の悪い方には大変良いのですが、唯一、肝硬変の方は肉類やアミノ酸類は長期摂取すると脳内にトリプトファンが増加しすぎ、セロトニンが過剰になり脳の機能が低下するといわれております。
肝臓の病気にはアミノ酸は必要不可欠です。
前述にもあるように、肝臓再生のためにはアミノ酸が必要なのです。
※混同されないよう十分にお読みいただきご理解ください。
簡単に書きますと、肝臓の病気の中で肝硬変だけが唯一アミノ酸の制限が必要です。医師にご相談ください。

●お薦めできない病気(避けた方が良い病気)
医師・栄養士よりタンパク質の食事制限を受けている方